message代表挨拶

磯邊里紗Risa Isobe
1988年生まれ 東洋英和女学院小学部~中学部、青山学院高等部、慶應義塾大学理工学部卒業。一流コンサル企業内定するも、教育事業の素晴らしさに目覚め、その道をすすむ。家業である30年以上続く有名幼児教室にて、多くの有名私立小学校合格者を輩出。
2018年GKを創立。プログラム制作責任者を務める。
合格実績
慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜初等部、早稲田実業初等部、田園調布双葉学園、横浜雙葉学園、青山学院初等部、学習院初等科
満木夏子Natsuko Mitsugi
1988年生まれ。大学卒業後、伊ファッションブランドに就職。その後渡英し、仏アパレル企業のロンドン支社にて2年間勤務。顧客管理責任者を務めた。帰国後は、外資系カンファレンス企画・運営企業にて、国内外営業、運営責任者、予算管理などを兼任。
2018年大人のグローバル化のみならず、こどものグローバル化に貢献したいとGKを創立。

目まぐるしく変化する世の中、今の子ども達が成長した先にどのような未来が待っているのかは分かりません。そして、それ以上に子ども達自身もまた、計り知れない沢山の可能性を持っています。

人間の発達成長におけるゴールデンエイジである幼少期(3歳~9歳)は、その後の人生の土台を築く非常に大切な時期です。この時期に、五感を使った体験、どんな小さなことでも自分の力でやり遂げた経験を数多く積み重ねることが「見えない自信」となり、将来やりたいこと・好きなことが見つかったときに、沢山の選択肢の中から、自ら選択し、突き進める強さへと繋がっていくと信じています。

このゴールデンエイジに沢山のことを学んでほしい!しかしながら、幼少期における学びとは、いわゆる机上の勉強ではありません。彼らは日々遊ぶ中で、多くのことを考え、創造し、発見することで知識を広げていきます。よく遊べる子はよく学べる子。私たちがサポートできることは、彼らがとことん遊び、学ぶために必要な体力、時間、空間、仲間のある環境づくりだと考えています。

GK広尾代表
磯邊里紗